異国の文化に触れ、公園の ”真” の在り方を考える・・・。

『人生の自由研究』へようこそ。



今回のお題は

『公園の ”真” の在り方を考える・・・』

と言うことで書いてみたいと思います。



少しまえから、妻からこんな話を聞いていました。

「知り合いの人と(日本の)近所の ”文化遺産跡地” を修繕して公園として再利用するような話しをしている・・・」

と言う内容でした。


その話の趣旨には

『敷地内の建物を修繕し利活用できるようにすることで、浜松の未来の世代に地域の歴史を伝えながら、多世代、多様な人が交流できる公園をつくること。そしてそれぞれの建物ごとに利用方法や修繕方法を検討する。』

と言う内容がありました。

※HP文言引用【万斛庄屋公園メイキングプロジェクト



それを聞いて、自分も以前から日本の公共の敷地や公園等の使い方などに、疑問を抱く場面が度々あったのを思い出しました。


日本の公共施設や、公園等の看板に書かれた、首を傾げたくなるような『ルールやマナー』の数々を・・・。



👇 特に日本の公園では、下の様な看板をよく見かけますよね・・・。

● サッカーや野球等の球技の禁止

● 犬の散歩や遊ばせる行為の禁止

● ローラースケート、スケボー、ラジコンや自転車の練習の禁止

● 芝生に入る行為の禁止

● 音楽の演奏の禁止

● BBQの禁止

等々・・・。


もうここまでくると、なんだか分からない状態ですよね (笑)


更には、危険だからと言う理由で ”遊具を使用禁止にして撤去” までする公園が出る始末・・・。


一体、日本の公園は ”何のため” に、そして ”誰のため” に存在するのでしょうかね?


何もせずにただ ”静かにしている場所” だとも言いたげな感じですよね 。


日本庭園にでもしようとしているのでしょうか?(笑)




以前にもこのブログで『オーストラリアの公園事情』について書きましたが、先に書いたような ”禁止事項” はオーストラリアの公園には無いのであります。


一部住宅地に隣接している場所は『模型飛行機』がNGだったり、スポーツがメインのグラウンドでは『犬の散歩』がNGだったりしますが、そういう場所は稀であります。


実際に公園内の川や池には、柵やフェンスの類が無かったり、芝生との境界線も無く自由に出入り出来ます。


『芝生に入ってはいけません』なんて無粋な事は、何処にも書いてありません。



👇 我々家族が住んでいるパース近郊にある『スワンリバー沿い』には、公園やサイクリングコースが続いていますが、一切フェンスが存在しません。

👇 サイクリングコースには、こんな自転車修理用の工具とポンプまで設置されています。

👇 驚くことに無料のBBQコンロまで設置されている公園があります。

実はこれ、オーストラリアでは特別な設備では無くて、多くの公園に常設されているのです!


国が違うとはいえ、これにはさすがに驚きました。


この様に、公園や広場には『利用する人たち』の事を第一に考えた設備が備え付けてあるのです。



👇 そして多くの公園で、自治単位のフリーマーケットが毎週のように開催されています。

多くの店でスゴく賑わっています。


食べ物の美味しそうな匂い、そして流れる陽気な音楽が、訪れる人たちの心を和ませますね。



👇 学校のグラウンドも、放課後や休日は一般の人たちに開放している所もあります。

見ての通り、フェンスは一切なく、誰でも自由に使えます。


休日は、サッカーやラグビーをする子供やその家族が大勢います。


ベンチでランチを楽しむ人たちも居ました。


夕方は犬の散歩や遊び場として賑わっています。


自分も夕方にラジコンをここで走らせていました。


犬たちの恰好の遊び相手になっていましたが・・・(笑)


正直、こちらが気を使ってしまうほどオープンに利用されています 。



👇 公園とは違いますが、スワンリバーの入り江には船着き場がありますが、そこにも一切フェンス等がありません。

ここでは自転車でサイクリングしている人たちがいます。

日本では

『落ちたら危ない』

だの

『子供が近づいたら危険』

だのと、やたらとフェンスを付けたがりますよね。



👇 下の写真の場所なんか、日本では一発でアウトだと思います (笑)

一応フェンスは付けてありますが、何故か片方しかついていませんね (笑)


このフェンスは恐らく転落防止では無く、見晴らし小屋までの『手すり』と途中で川を眺めるための物なのです。


根本的に考え方が違うのですね。



そして自分と妻は、これらの場所を見てこう思ったのです。


(オーストラリアは ”危ない場所では自分で気を付けろ!"と言うことなんだなぁ・・・)

と・・・。


つまりは『自分で危機管理をしろ』と言うことであります。



それに比べて、日本は本当に『超過保護』な国だと思います。


いろんなところに『注意書き』『安全対策』が万全に施されています。


もう、うんざりするぐらいですよね (笑)


そんな国だから、過剰なほどの ”ルール” やら ”マナー” やらが出来上がるのです。


そして、その ”ルール” やら ”マナー” で何も出来ない ”つまらない国” になって行くのです。



本来なら、公園だって誰でも自由に使える場所だったはず・・・。


それを、誰かが勝手に決めた ”ルール” やら ”マナー” で、使い道のない ”ただの飾りの場所” になり下がったので。



自分は思うのです。


お堅い人たちが作ろうとしている公園に、本当の意味で『自由で楽しい』、そして『自由で誰でも集える場所』が作れるのか?と・・・。


根本的な考え方を変えない限り、何処にでもある『つまらない場所』がまた一つ増えるだけになってしまうのでは・・・と思えてなりません。


また、自分の思い過ごしなら良いのですが・・・ね。




そうそう・・・ついでなので、自分が日本でも見てきた素敵な『文化遺産の活用法』をご紹介したいと思います。


👇 以前ブログにも書いたので、詳細はこの場では割愛しますが、素晴らしいイベントだと感心しました。

時間の流れを忘れるイベント・『本とマルマル』


いろいろなジャンルの人たちとの ”交流の場” として、この様なイベントを定期的に開催する方法は、日本での公園や文化遺産の有効活用する手段として、非常に良い方法ではと思いますね。



👇 以前書いたブログの中にも、今回のテーマに通じる内容が書かれています。

『オーストラリアに来て3か月・・・日本を見て、ふと思うこと・・・。』

『最近、趣味に対して感じること・・・。』



今回はこのぐらいで・・・。


では、また (=゚ω゚)ノ

jinseino-jiyuukenkyû

普段の生活の中で気が付いた、”自由” になるためのヒントを綴ったブログです。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • jinsei-freestyle

    2019.04.08 09:14

    @TOMK様、コメントありがとうございます😊 お話は妻から聞いております。 こちらこそ、是非宜しくお願い致します。
  • TOM

    2019.04.07 23:36

    コメントできた! ゆみさんと公園のことを話しているKです。色々やりとりしたいでーす。よろしくです。

☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の一】

👇『みんなのラジコン情報サイト』:趣味のラジコン情報サイトです。

☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の二】

👇世界の逸品・おススメサイト:なんでもおススメ&宣伝するサイトです。