“厳かな生活”とは・・・?

『人生の自由研究』へようこそ。



オーストラリアに渡航すると決まってから、ここ数日の間に友人と会う機会が増えました。 


様々な思惑が錯綜する中で、いろいろな会話をするわけですが・・・。

一つ気になった言葉を言った友人がいました。


その時たまたま “お金” の話しになったわけですが、自分はこの時・・・

「自分は、これから “お金持ち” になって “好きなこと” をして生きていく」

と話しました。


友人はこの話を聞いてこう答えました。

「 “厳かな生活” をしていれば、そこそこのお金があれば十分だよ。」

「みんなが、お前みたいに“お金持ち”になりたいわけじゃない。」


・・・確かに言いたいことは分かります・・・。

今の生活に “満足” しているのであれば、今の “安定” をわざわざ手放す理由もないわけですからね。



しかしながら “厳かな生活” と言う言葉に釈然としない自分は、ちょっとだけ調べてみました。 


辞書にはこう書かれていました。

『厳か(おごそか)・・・重々しくいかめしいさま,礼儀正しく近づきにくいさま。威儀正しく威厳があるさま。』


なるほど・・・。

彼の言う “厳かな生活” とは恐らくは、こう言うことではないか・・・と解釈しました。

『無駄なことは省き、厳格に規律正しく生活すること』

いかにも “彼らしい” 考えだと思いました。


ちなみに彼とは、入社以来28年間の付き合いになります。

『絵にかいたような真面目』な彼とは、度々意見の食い違いがありました。

とはいえ同じ環境に身を置くからこそ、理解できる部分もあったわけです。



しかしながら、これからは全く違う環境に、それぞれが身を置くことになります。


絵にかいたような真面目な世界に生きる彼』

『絵の中にあるような冒険と好奇心の世界に生きる自分』



・・・もしかしたら、自分が勝手に “線引き” しているだけかもしれません・・・。


ですが、自分は感じるのです。 もう、『同じ価値観のレール』を歩くことは無いと・・・。



妻もこんなことを言っていました。

「自分の言っていることが、他の人達に理解してもらえないことが多くなった。」

と・・・。


もう、彼の目には “厳かな生活” とは程遠い “自由奔放で破天荒な生活” にしか映らないでしょう。



そういえば、こうも言っている人がいました。

『進む道が分かれると、“魂レベル” や “波動” が近い人間しか近づかなくなってくる』 


もはや、自分も『進む道』が分かれた人間であります。

人に合わせるのが苦手な人間は『独自の道』を歩むしかありません。



これから、ますますそう言うことが多くなっていくかもしれません。

しかし、自分は『自分の道』を進んで行くと決めたのであります。 


一年後、オーストラリアから帰ってきて、みんなの目にはどう映るでしょうか。


そんな風に考えた次第であります。



では、また (=゚ω゚)ノ 

jinseino-jiyuukenkyû

普段の生活の中で気が付いた、”自由” になるためのヒントを綴ったブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000


☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の一】

👇『みんなのラジコン情報サイト』:趣味のラジコン情報サイトです。

☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の二】

👇世界の逸品・おススメサイト:なんでもおススメ&宣伝するサイトです。