日本の接客に最近思うこと・・・。

『人生の自由研究』へようこそ。



今日は生憎の雨でした・・・。

息子と釣り堀に行く予定でしたが、ショッピングモールに買い物に行くことにしました。


息子の御所望の物を買って、カフェで軽く腹ごしらえすることにしました。

その時の店員さんの接客を見ながら感じたことがありました。


(・・・美人さんだけど、何か足りないような感じがするな・・・。ああ、そうか・・・表情が変わらないんだな・・・。まるでロボットだ。)


自分はふと、こんな風に感じたんです。

綺麗な店員さんなのに、スゴく損をしている様に感じたんです・・・。


かたや偶然立ち寄ったコンビニでは、スゴく気さくな女性(たぶん40代)が年配の方の何が無い会話に笑顔で対応しているのを見ました。

オーストラリアに行った時も、スーパーのレジ担当の女性が気さくに話し掛けてくれました。

たぶん日本では、どんどん少なくなっている光景の様に感じました。

効率化&マニュアル化していく仕事の弊害が、ここでも見え隠れしている様に思いました。

つい先だってのニュースでも、『レジ無人化』の話題が取り上げられていましたね。


人との接点が『効率化』の妨げになるとは皮肉な結果に思いますが、人との関りが『味気ない』ものに感じてしまうのであれば、いっそ『無人化』もありでは・・・そんな風に感じてしまいました。


お店のレジに人がいる意味・・・それは、「お店に来てくれてありがとう御座います。」「素敵なお店に来れて良かったよ。また来るね。」という 気持ち” と共に ”お金” のやり取りをするためだった様に感じます。

今やネットショップで何でも買える時代です。

お金もネットバンキングでやり取り出来ます。


でも、人の気持ちはネットではなかなか伝わりません。

やはり顔を見ないと伝わりません。

でも、その顔には表情もない人が増えています。


この先、人間はどうやって ”気持ちを伝えていくのか” が課題のような気がしますね。



では、また (=゚ω゚)ノ

jinseino-jiyuukenkyû

普段の生活の中で気が付いた、”自由” になるためのヒントを綴ったブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000


☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の一】

👇『みんなのラジコン情報サイト』:趣味のラジコン情報サイトです。

☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の二】

👇世界の逸品・おススメサイト:なんでもおススメ&宣伝するサイトです。