みんな『理想の姿』がある・・・。

『人生の自由研究』へようこそ。


今日職場で、来年定年を迎える先輩とこんな会話をしました。


先輩:『来年定年するけど、先のことは分からないな~。』

自分:『来年ですか・・・。自分は来年この職場には居ないですよ。』

先輩:『?どういうこと?』

自分:『今年いっぱいでこの会社辞めますよ。』

先輩:『マジか!!え?辞めてどうするの?』

自分:『家族でオーストラリアに行きます。』

先輩:『本当に!?すごいな・・・。俺のお気に入りの場所に行っちゃうんだ・・・。』

自分:『先輩も行けますよ。自分が行けるんだからね。』

先輩:『なんか羨ましいな~。ほんとすごいな・・・。』


こんな会話を交わす中で気が付いたことがあります。

それは『みんな理想とする姿』があり、『現実との差に葛藤』していると言うことでした。


確かに自分は『自分の求める理想像』を実現しようとしているかもしれません。

しかし、それが自分だけの ”特別なこと” だとは思っていません。

誰しもが、その『自分の求める理想像』を掴むことが出来る筈なのです。


でも必ずついて回るのが、

『自分には無理だな』

とか

『家族が居るから』

とか

『先立つもの(お金)が無いから』

とかの言葉であります。


これらの言葉は多くの人の口から聞いた言葉です。

しかし、自分の勤める会社の中での話ですが・・・。


自分は自身の足で、いろいろな方の話を聞いてきました。

その多くは、人生に常に前向きでありました。


以前にもこのブログでも書きましたが、『自分の求める理想像』に対して ”他人がどう思うか” ではなく、”自分がどうであるか” であります。

それは、自分がその理想像に ”どうやって近づくか・・・” だと思います。


年齢なんて関係ありません。

手段は幾らでもあります。

ただし、自分の経験したことのない方法が一番近道です。

何故なら大きく変えたのであれば、自分自身大きく変化することをしなけば、意味がないからです。


自分はもう一度オーストラリアに行って、まずは美味しかったハンバーガーを食べ、カフェでくつろぎたいと思います。

その為だけに今出来ることを、精いっぱい頑張りたいと思う訳です。


では、また (=゚ω゚)ノ


jinseino-jiyuukenkyû

普段の生活の中で気が付いた、”自由” になるためのヒントを綴ったブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000


☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の一】

👇『みんなのラジコン情報サイト』:趣味のラジコン情報サイトです。

☆彡ブログ管理人の運営する情報サイト☆彡【其の二】

👇世界の逸品・おススメサイト:なんでもおススメ&宣伝するサイトです。